当院スタッフによるブログBLOG8

婦人科疾患をお持ちの方へ

看護師から患者様へ

婦人科疾患とは、子宮や卵巣(広くいうと乳房も)の疾患のことをいいますが、妊娠について考えたら、ぜひチェックしていただきたいことでもあります。婦人科疾患は、そのものが不妊の原因として関わるものや、流産や早産につながる可能性もあるので、できるだけ早く、適切に対応することが大切なのです。

もし、妊娠の希望がある方が婦人科疾患の治療を行う場合は、その先の妊娠を考慮した治療を行うことが必要です。婦人科疾患の治療は、治療法によっては結果的に不妊につながってしまうことにもなることがあります。これからの妊娠を希望するなら、産科と婦人科の両方の視点から、妊娠のために、また、これからのライフスタイルのために、最前の方法を考えていくことが大切なのです。

人それぞれの年齢や社会的な背景によって、どのタイミングで、どのような治療を行うと良いのかを考えることも大切です。同じ疾患を持っている方でも、年齢や社会的背景、疾患の状況などから、妊活よりも先に疾患の治療が必要と判断した場合は、不妊治療を行う前に疾患の治療を行い、疾患があっても保存的に経過を見ていくことができると判断した場合は、経過観察しながら早めの妊娠をめざします。

当院では総合病院での豊富な治療経験があるので、総合的な観点から、妊娠がご希望で婦人科疾患をお持ちの方へも最善な治療ができるようにアドバイスをします。ぜひ、恵比寿ウィメンズクリニックにご相談ください。

婦人科疾患があるかどうかわからないという方は、妊娠を考えたら早めにチェックされることをオススメします。それは不妊治療を考えている方だけではなく、これから先に妊娠を希望される方にもお伝えしたいことで、20代でも40代でも年齢は関係ありません。

婦人科疾患は自覚症状がないもの多くあり、がん検診で偶然見つかることもあります。逆にいうと、がん検診などを受けたことがなければ、見つからない可能性があるものともいえます。

自覚症状がないから・・・生理が重たくないから私は大丈夫・・・というのではなく、妊娠可能な時期の大切な妊娠のチャンスを逃さないためにも、早めに見つけて早めに対処し、ご自分に合った妊活を行なっていくことが望ましいのです。

「妊娠したい」そう思ったら、ぜひ早めにご相談くださいね。

〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1丁目4番15号 恵比寿銀座クロスビル 5階
TEL : 03-6452-4278  Mail : office@ebisu-womens.jp
院長堤 麻衣
診療科目産婦人科

診療時間
8:0013:00 - 8:3013:00 8:3013:00
17:0021:00 - 15:0017:00

休診日:木曜日・祝日・第3日曜日

アクセス

電車でお越しの方JR恵比寿駅西口/東京メトロ日比谷線恵比寿駅3番口から徒歩1分

正面ロータリー前の横断歩道をわたり、三井住友銀行恵比寿支店を左に曲がると、恵比寿銀座商店街(角にドトール)があります。商店街を入って20mくらいに当院が入る恵比寿銀座クロスビルがありますので、エレベーターで5Fへお上がりください。

電車でお越しの方お車でのお越しの場合

当院は駐車場設備がありませんので、お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングもしくはアトレ恵比寿の駐車場等をご利用ください。

→大きな地図で見る